鳥井良輔の歩み

さまざまな出会いに背中を押され、前へ前へと進んできました。
これから先も新たな挑戦を続け、前へ前へと歩みを進めます。

1976年3月3日生まれ
1999年青山学院大学法学部卒業 京王プラザホテル勤務等
2009年参議院議員江田五月秘書
2015年岡山県議会議員選挙(倉敷市・都窪郡)初当選
2018年立憲民主党岡山県連合幹事長

中学校教師の父と幼稚園教諭の母のもと3人兄弟の長男として神奈川県で生まれ育つ。

小学校から高校まではサッカー少年。大学からスキー、スキューバダイビングにのめり込み、長野県・北海道、沖縄の島々でスキー・スキューバダイビングガイドとして活動。オーストラリアワーキングホリデイ・北海道牧場も経験。

司法試験受験時代の親友が衆院選に出馬し初めて選挙に携わる。そこでの出会いから政治家を志し参議院議長江田五月に請われて弟子入り。秘書として岡山県に移り住み、津山市、備前市、倉敷市で生活し、岡山県内27市町村を駆け回る。江田五月秘書として学んだ「市民目線の政治」を実現する為に県議選への出馬を決意し初当選を果たす。

2010年倉敷市議会議員藤原薫子と結婚。2人の娘の父親となる。

バックカントリースキー・登山・スキューバダイビング・ゴルフ・バイク・ヨット・詩吟を嗜む。

PAGE TOP